地域性に特徴がある国内の格安航空券

- 地域性に特徴がある国内の格安航空券

東大橋

地域性に特徴がある国内の格安航空券

地方空港でも誘致が進んでいるのが格安航空会社であるLCCがになっていますので、いろんな人が利用しやすくなっています。そのなかでも地域に根付いた格安航空会社の存在も無視することができません。この存在を知ることによってさらにお得に使うことができるでしょう。

道民をターゲットにした航空会社

エアドゥもLCCに分類される航空会社になりますが、他とは少し違った点を持っているのが特徴です。主に北海道に根付いており、今では道民を支える空の便になっています。羽田から北海道各地の空港を網羅しており、さらに道民や北海道に関係する人であれば利用料金が安くなるシステムを導入しています。

一応LCCに分類されていますが、他のLCCと比較すると少々高めの値段になっていますので、ここは注意してください。ただし他のLCCがが真似することができないサービスを提供しています。機内サービスは無料で利用することができますし、シートピッチもそれほど狭くはありません。何より道民であれば大きな恩恵を受けることができますので、北海道の方こそ注目してほしい航空会社です。

MCCという概念も生まれた

エアドゥはLCCに分類されていますが、いまではフルサービスキャリアと変わらないサービスを提供しています。一度経営が破綻したことにより、ANAの子会社になったことも関係していますが、LCCとはいえないサービスを提供しているのは事実です。そのことからLCCとフルサービスキャリアの中間であるミドルコストキャリアと呼ばれる航空会社になりました。

このMCCという概念は他の航空会社にも波及していきました。北九州を拠点にしているスターフライヤーもそうですし、運航便を伸ばしているスカイマークやピーチもLCCと離れてMCCに分類されています。

空港で航空会社を選ぶ感覚が必要

いろんな航空会社が増えることによって、国内の格安航空券の選択肢が多くなったことは歓迎するべきですが、すべての空港で利用できるわけではありません。北海道に根付いた運行をしているエアドゥもそうですが、その空港でしか使えない航空会社もあります。クレジットカードを持ってまで会員になったけれど、ある空港では便がないことから利用できないことも。ここはLCC・MCCとフルサービスキャリアとの大きな違いです。

地域性に着目をすることでさらに利用価値が高まる

地方空港によってまったく変わってきますので、お気に入りの航空会社を見つけたとしても、国内すべての格安航空券を使うことができないことも知っておきましょう。地域性が出る問題でもあります。

▲PAGE TOP