格安航空券は2通りある予約の方法で安くなる

- 格安航空券は2通りある予約の方法で安くなる

東大橋

格安航空券は2通りある予約の方法で安くなる

安い値段で飛行機に乗ることができることはわかったけれど、そのシステムがいまいち理解することができない人もいるはずです。大きく分けて2つの方法があり、それほど難しくもありませんので、よく理解しておきましょう。

予約をする点に関しては同じ

事前購入型と呼ばれるシステムになっています。これで予約をすることによって、格安航空券を使って国内で旅行やビジネスで活用することが可能です。ただ事前購入型は一括りにしているシステムであり、ここからさらにわけることができます。

搭乗日までの期間が長くなることで安くなる

事前購入型で最も採用されているシステムがこれです。登場する日が長くなることで、その分安くなる予約システムになります。2ヶ月前から販売している航空会社があったり、1週間前でも予約することでそれなりに値段を下げることが可能です。搭乗日までの期間が長くなれば、それだけ安くなるのは間違いありません。ただし計画が頓挫するようなこともあるでしょう。そんなときキャンセルをすることになりますが、その分ペナルティが発生します。長い期間の予約となると、その間に何が起きるのか誰にもわかりません。ここはリスクがあります。

空席が目立つと安くなる

温泉と猿

もうひとつの事前購入型になっているのが、空席連動型です。予約が埋まらないことで航空会社にとって赤字の危機になります。そんなとき安く売り出すことによって席を埋めることができることから、このようなシステムを採用している航空会社も。赤字を防ぐための戦略としてあるシステムでもあります。

特にシーズンオフになると、驚くような値段で販売されていることもありますので、いろんな使い方ができます。特に沖縄でマリンスポーツを楽しむようなとき、夏以外であっても楽しめますので、そんなとき活躍することになるでしょう。

航空会社によってシステムは異なる

事前購入型のシステムは大体同じになりますが、そのプランが異なっています。搭乗日までの期間プランもそれぞれに違いますので、自分に合った方法を見つける必要があります。慣れるまで時間が掛かることもありますので、よく理解してからチケットを入手してください。

利用できる航空会社で使い分けるようにしよう

予約システムが同じであっても、プラン内容が異なっていますので、利用する航空会社によって格安航空券の利用に戸惑うこともあるでしょう。国内でも使いやすい航空チケットになりますので、よく把握して利用してください。

▲PAGE TOP