大手航空会社で格安で済ませたい方は事前購入型の早割を利用しよう!

- 国内における格安航空券の種類をまとめて把握しよう

東大橋

新着情報

▶2018/11/15
国内における格安航空券の種類をまとめて把握しようの情報を更新しました。
▶2018/04/10
沖縄ならシーズンに関心を持つとお得になることもの情報を更新しました。
▶2018/03/29
格安航空券は2通りある予約の方法で安くなるの情報を更新しました。
▶2018/03/29
万全な計画を立てて予約する格安航空券の情報を更新しました。
▶2018/03/14
地域性に特徴がある国内の格安航空券の情報を更新しました。

国内における格安航空券の種類をまとめて把握しよう

国内で旅行やビジネスで飛行機を使うこともあるでしょう。そんなときに格安航空券は大きな効力を持つことになります。しかしいろんな種類があることから迷うことも多いでしょう。特に初めて利用することを検討している人こそ、その迷いは大きくなるはずです。国内における格安航空券の種類を理解することから始めてください。

事前購入型がほとんど

そのほとんどが事前購入型になっています。予約をすることで安いチケットになるシステムです。LCCと既存の大手航空会社を指すフルサービスキャリア、そしてその中間に位置するMCCミドルコストキャリアが提供していることになりますが、ほとんどが事前購入型のシステムになっています。

普通運賃でも利用することができます。そのときは断然LCCの方が安いです。料金を徹底して安くしたいと考えているのであれば、LCCであればまず間違いが起きることはありません。ただその安さは様々なサービスを削って提供していることから、サービスの不備が目につくことも多いです。

事前購入型といっても2つの種類がある

安い航空チケットのほとんどが事前購入型によって入手することになりますが、ただ予約をするだけではありません。事前予約には、搭乗日までの期間が長くなることで安くなるシステムと、空席状況によって安くなるシステムがあります。どちらかといえば航空会社のシステム採用は、通常の予約である搭乗日までの期間が長くなることで安くなるタイプが多いですが、なかには空席連動型で安くなることも。

そうなるとシーズンオフになると、空席が目立ちますのでかなり安い値段で搭乗することも可能です。最安値になることも多いのがこのシステムになり、これを採用している航空会社を利用することで、安いチケットを求めることも可能です。ただいつ予約をすれば良いのか?この判断が難しいです。出発日直前に空席が目立つことで格安になることもあり、最安値を更新して行くことも多いですので利用者にとっては難しい判断が迫られるシステムだと認識してください。

キャンセルとの相性が悪いのが事前購入型

事前購入型は飛行機に乗ってくれる確約があるからこそ安くなるシステムです。キャンセルをしてしまえば航空会社にとってはマイナスになることから、それを防ぐためにもペナルティを設けています。それがキャンセル料。購入金額の50%ほど請求されることもありますので気をつけてください。

しかし、それに見合うだけの値段の安さは魅力的です。
興味がある方は一度その値段をアイベックス予約などで調べてみるのもいいかもしれません。

航空会社がだけがチケットを売っているわけではない

当然の考えになりますが、航空チケットは航空会社が販売をしています。しかしそこから買い取っているのは、なにも利用者だけではありません。旅行会社はもちろん、金券ショップでも扱っていることも。これらを利用することで航空会社の事前購入では普通に実現することができない値段でチケットを求めることもできます。

会員登録をすることでさらにお得に乗ることができる

ほとんどの航空会社が利用者がお得に利用できるように、会員を募集しています。オトクな情報を手に入れることができるメール配信などが主ですが、マイルが貯まりやすくなったり、料金を安くしてチケットを入手することができます。ただし恩恵を大きくするのであれば、クレジットカードの発行が必要になることも多いですので、少しハードルが高くなることになります。

身近な存在になりつつある格安航空券

何かと面倒な手続きを踏んで安いチケットになると考えている人も多いですが、いまではけっしてそんなことはありません。誰でも計画を立てて安い航空チケットを求めることができる時代になりつつあります。身近な交通手段の選択肢に飛行機が加わるといっても過言ではありません。

▲PAGE TOP